So-net無料ブログ作成

趣味性の違いは敵対じゃない [サイト運営]

音楽バンドが解散するとき「音楽性の違い」という言葉で解散の理由を語ったりもしますが、音楽に人生をささげている人間にとって音楽性が異なる人間とは仕事ができないということなのでしょう。しかし、音楽性が違う=人格の否定ではありません。持っている価値観は異なりはするけどその価値観は尊重する、それゆえに別れるわけです。だから解散しても仲がいいというのは不思議なことでも何でもありません。
以上を踏まえて
架空鉄道の作者が集まって年2回やっているオフがあり、これまでずっと俺も参加をしていましたが、今年の夏のオフ会は参加しませんでした。漠然と自分の架鉄感と周りの架鉄感との間に折り合いがつかなくなってきたな、というのを感じ始めたからです。それが何であるかは語るべきではないと思うし語る必要もないと思いますが、俺が楽しめないのであれば参加する理由はありません。しかし、オフ会以外の場所、たとえばtwitterでは今まで通り架鉄の話をしています。なぜならこの場所は俺の違和感を感じない部分だけで交流ができるからです。思想の違いは敵対ではないのです。俺が政治の話を極端に嫌う理由はこれができない人間が多いからなんですが、それはまた別の話。
おそらく架鉄のオフ会には今後も参加しないでしょうし、価値観の溝が埋まることは今後もないと思っています。でも、価値観がそろう部分は今まで通り交流する。俺はそれがいちばん楽なんじゃないかなと思います。

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます