So-net無料ブログ作成

感性を信じるな [架鉄ウォッチ]

デザインのカテゴリにはおおまかに言って「エンジニアリング」と「スタイリング」がありますが、俺が「デザイン」と言うときに、意図的に「スタイリング」の要素を外しています。それは俺にスタイリングのセンスがないから語ることが出来ないという点が大きいのです。まあ、エンジニアリングのセンスも自慢できるようなものではありませんが、それでもスタイリングよりは語れます。
センスとはこのブログで何度も言っていますが、知識です。間違っても己の感性などではありません。知識という言い方が癇に障るなら「作法」でもいいです。いずれにせよそのジャンルに対しての造詣が問われるわけです。
モノの成り立ちというのは長い歴史の中でいろいろな人が提案し、議論し、形を作ってきました。その流れは多くの人に触れられることで「万人がよしとする形」となって行きます。つまり、長い歴史の中で森羅万象さまざまなものが「デザインされてきた」わけです。
人が100人いれば100人の考え方があります。その中の1人が自分のために何かをするのであれば「感性」に頼ってもいいでしょう。しかし、100人が使うものであれば独りよがりの感性で作られたものが皆に喜ばれる可能性はきわめて低い。ではどうするか。

デザインするんです。

これまでの歴史に学び、作法を学び、様式を学び、その上で用途を考え構築する。そうすることで多くの人が使いやすいものが出来るわけです。長い歴史の中で多くの人が美しいと思うコーディネートがファッションセンスであり、多くの人が美しいと思うのが芸術的センス。つまり、センスは知識であり教養であり作法なのです。

架空鉄道でも車両に関しては、100年の長い歴史の中でさまざまな技術が提案され、作られてきました。それは各鉄道の事情にベストフィットしたとは限りませんが、日本の鉄道という環境の中で最適解を求め続けてきた歴史があり、さまざまな法律による作法があり、先人が残してきた知識があります。これらを無視してたかだか数十年しか生きていない自分の「感性」だけで作った車両がはたして「デザインされた車両」といえるでしょうか。俺にはそんな不遜はできません。

架空鉄道はしょせんは遊びです。ですから自分の好きに楽しむのがいちばんです。それを踏まえたうえで言いますが、歴史を学び、作法を学び、知識を蓄えて崩した架鉄はとても見ごたえがあります。
そこで蓄えられたセンスは、作者の感性に磨きをかけて、架鉄はいっそう魅力的に発展していくことでしょう。

共通テーマ:趣味・カルチャー

消えた技術 [架空鉄道]

2012年8月に、加賀電は小松空港まで延長開業します。その際に車両の増備が必要となり、特急用に新300形3両、一般用に130型2両の計5両を製造する予定です。
130型は日立製作所の標準型車両A-TRAINがベースになっていますので特に問題はないのですが、問題は特急用新300形です。この車両は200形とローテーションを組んで使われる関係上、ダブルデッカーの2ドア車となるのですが、日本のメーカーではどうやら作ってもらえそうにないのです。
ダブルデッカーの構造自体は問題ありません。川重でも東急でもダブルデッカーの車両を作っています。しかし、アルミボディで標準車両のガイドラインから外れる鋼体を作るラインをどの会社も持っていないのです。もちろんガイドラインから離れたオーダーメイド車両でも大量発注するなら受注してくれるのですが、いかんせん必要車両数は3連1本。これではどこも受けてくれないのです。

車両製造の効率化が進み、鉄道車両もバスと同じように「需要に合わせた使用の車両をメニューから選ぶ」セミオオーダーもしくはレディメイドになってしまったのです。つまり、新300形は国内では製造できないわけです。
そこで外国に目を向けます。するとスイスのStadler社というメーカーに当たりました。ここはジーメンスやボンバルディア、アルストムなどが受注しないようなニッチな車両を製造するメーカーで、最近はスイス政府からも助成を受けて頑張っています。
スイスは山岳路線が多く、セミオーダーの車両(ボンバルディア・ジーメンス・アルストムでも日本と同じように「メニュー選択方式」が普通です)では用を成さないため、特殊車両を製造するメーカーが生き残る余地があるわけです。
加賀電はStadler社で鋼体を作成し、艤装は国産品を用いるという方針で製造することとしました。中小私鉄に新車が入れづらくなっているのは経済的事情のほかにも、こういった理由があるのでした。

そんなわけで新300形は2012年1月登場予定です。
名称未設定.jpg

共通テーマ:趣味・カルチャー

たまには他人を巻き込んでみるか! [サイト運営]

俺は趣味活動において、他人とつるむことを好みません。
趣味は一人で淡々とやるものという信念を持っています。

そんなわけで他人を巻き込んだ架鉄サイト「スネイル商会」を始めてみました。
とりあえずtwitterのフォロワーの中から架鉄をやっている人にダイレクトメッセージを送って、返事をくれた9人の架鉄を俺の世界に引き込んでしまいました。無論相互不干渉の原則は守った状態で。くどいようですが他人と絡むのは好みません。あくまでも「他人のネタを借りて作る俺のサイト」です。

03.jpg

あくまでも傍流なので凝るつもりはありませんが、「なんちゃら連合やなんちゃらカード」とは違った、他所の架鉄とのクロスオーバーを提案したいなと思ってます。架空鉄道は想像の遊びじゃないですか。なんていうのか、妙にテンプレートがまかり通ってる感じなんですね。コンテンツにしてもそうだし発想にしてもそう。
他人と横並びのほうがつるむとき都合がいいのかもしれませんし、当人がそれで満足しているならとやかく言うことでもありません。が、俺としては「もっといろいろな架鉄が見てみたい」。
じゃあどうするか。口をあけて餌を待つのは俺の性分ではありません。ならば起爆剤として何か作ってみるか。

スネイル商会はそんないきさつで生まれました。

俺自身は他人を丸パクすること自体はそれほど悪いことだとは思っていませんが、じゃあ自分がテンプレみたいなことをやるかといえば「否」です。誰もが出来ることは他の誰かがやればいい。俺は俺しかできない発想で架鉄を作りたいと思っています。

え? 加賀電?
そっちはそっちでいろいろ考えています。
無題pg

共通テーマ:趣味・カルチャー

ライバルが生まれると俄然やる気が出るのであった [架空鉄道]

加賀電は一通りコンテンツも揃い、そろそろ安定期に入ろうかという感じでした。実際のところ俺は飽きっぽいので、ひとつの架鉄と付き合うのは半年といったところ。加賀電もそろそろ潮時かなという感じでした。
ですが今までと違い、至らないところにいろいろと手を入れたくなってしまうのです。べつに加賀電に愛着があるかといえばそうでもありません。確かに俺好みの都市間電車で標準軌という要素はありますが、だからといって愛着がわくほど隙というわけでもないんですよね。路線距離も短いので車種もそれほど増やせない。歴史? 冗談じゃねえ。
じゃあなんで?更新を続けているの?

ここ最近のおもだった更新は、車両画像のディテールアップや設定の見直しです。行き当たりばったり作ってるのでけっこう設定に穴や矛盾が出てきます。それの修正や調整をけっこうやっているんですね。すでに画像は完成時より半分くらい入れ替わっていますし、ポリゴンモデルもけっこう作り直したり手をいれています。
今週末は730形のディテールをいじってました。ステンレスの質感やコルゲートの形状が気に入らなかったんですね。奥が改造前、手前が改造後です。車体の質感、コルゲートや窓の形状が変わっているのがわかっていただけるかと思います。


このくらいの引きだとあまり大差ないように見えますが、ある程度寄りの画像を作るとけっこうな差となって現れます。


まあ瑣末といっちゃ瑣末ですが、コルゲートの表現はほぼ満足いくものになりました。
とはいえなぜこのようなことにこだわりだしたかというと、やはり他所のサイトに素晴らしいものがちらほらとあるからです。具体的にどことは申しませんが、「おぬしできるな」というサイトをぽつぽつと見つけてしまったのです。設定に優れたサイト、ビジュアルに優れたサイト。アプローチは加賀電とは異なりますが、いい物を見せられれば当然自分のサイトの至らぬところが気になります。
勝ち負けじゃなくて、意欲がわくんですね。「もっとイカしたサイトにしたい」と思うわけです。

かつて2ちゃんねるで架空鉄道が盛り上がったときは、素晴らしい出来のサイトがいくつも登場し、お互いが切磋琢磨していました。それゆえに大いに盛り上がった部分もあります。翻って現在は、正直な話ウォッチャーの立場で言うと箸にも棒にもかからない架鉄ばかり。これでは自分の架鉄の意欲もなかなかわきません。

しかし最近になって、独自の技法で素晴らしいイラストを掲げる架鉄、興味深い車両デザインを提案する架鉄が登場しました。見ているとたいへん刺激を受けます。ブログに根拠のない設定を殴り書きしたような架鉄や、仏作って魂入れずのような正面図・側面図を羅列しただけのような架鉄に食傷気味だった俺は、今俄然やる気を出しています。

ただ、俺は、どこかの架鉄とつるむことを望みません。素晴らしい架鉄を見ることは大好ですし、掲示板やtwitterなどで聞きたいこともいっぱいあるけど……俺は孤高を貫きます。


共通テーマ:趣味・カルチャー

普通の電車が走るという素晴らしさ [架空鉄道]

加賀電鉄には、200形というちょっと華やかな車両がいますが、基本的には通勤型の20メートル4ドア車ばかりで構成されています。また、塗装もシャイニングカラーとかいって派手な色塗っていますが、塗り分け自体は手間が最小限になるようなデザインであり、基本的にお金をかけていません。
これは図らずも、加賀電がそれなりに潤っていることを示しています。

JR九州は水戸岡氏の提案したスタイリングを全面的に取り入れたデザインを行っています。これは、鉄道というものにもっと目を向けてもらおうという考え方であり、その施策は九州という地方が「漫然と通勤電車を走らせているだけでは儲からない」ことを示しています。
一方で首都圏の電車は華美な装飾はありません。旅客が押し寄せてくるという特殊事情から、1両でも多く車両を走らせることがサービスだからです。つまり、稼ぎのいい電車をたくさん作る必要があるというわけです。

加賀電は後者です。JR北陸線には521系という転換クロスシートを装備した、サービスレベルの高い電車が走っていますが、それを迎え撃つのはロングシートの100形だったり固定クロスシートの200形です。その代わり日中金沢口で毎時7本を確保、小松口でも毎時6本を確保しています。つまり加賀電は、沿線の旅客を程よく拾っており、普通運賃だけでも儲けが出る程度の旅客がいるわけです。実際JR北陸線は能美市や白山市、野々市市などの市街地から外れたところを走っていますが、加賀電は市街地のど真ん中を貫通しています。したがってJR北陸線ではクロスシートがサービスになりますが、加賀電では乗り降りがしやすい通勤型電車がサービスになるわけです。

ロングシートの電車は転換クロスシートの電車に比べて安く上がります。つまり利益率がよいのです。目玉となるポイントがない平凡な通勤電車が頻繁に走る。これこそが鉄道本来のあるべき姿だと加賀電は考えています。逆に言えば加賀電に妙なスタイリングの電車や派手な設備の電車が走り出したとき、加賀電の経営は傾きかけているともいえるのです。



共通テーマ:趣味・カルチャー

もしもポリゴンがなかったら [サイト運営]

加賀電は画像の多さだけが取柄といわんばかりに画像をパカパカ上げていますが、このペースを維持できるのはひとえにポリゴン様のおかげでございます。俺がテキストを作っている間にコンピュータがバックグラウンドでいっしょうけんめいレンダリングしてくれるわけですから、イラスト描いて文章描いてという手法に比べると圧倒的に楽なのです。
とはいえポリゴンも、三角形や四角形の板切れ組み合わせてそこに絵を貼り付けるわけですからそれなりに手間かかるんじゃないの? という向きもあるかもしれません。まあ確かに手間といっちゃ手間ですが、1からイラスト描くのに比べればそんなの手間のうちに入りません。
ところで俺には、空間把握能力が根本から欠けています。すなわち立体的な絵が描けないのです。

加賀電の100形電車を鉛筆書きしていました。致命的にパースがイカれています。こんなんでもけっこう時間かかってしまうんです。まあ15分くらいはかかったでしょうか。15分あればウチのPC(CORE2DUO/2ギガヘルツ)ならさっさかと描いてしまいます。

この画像で大体5分弱です。3分の1の時間で背景と色までつけてくれます。モデリングの時間を考慮に入れてないじゃないかというかもしれませんが、んなもんイラスト描くのに比べりゃ誤差みたいなもんです。

さて本題。
もしもポリゴンがなかったら俺は画像をどうしていたでしょう。少なくとも加賀電のような「画像数だけがとりえの架鉄」は作れません。
ポリゴンを使う前のモナ電は、実車の写真をトレスしてそれっぽく描いていましたが、アレはアレで手間の割にはちっともそれっぽく見えないのです。ですから俺は潔く絵を取っ払うか、イメージ写真を数葉置いて済ませてしまうと思います。側面図はや前面図は生理的に嫌いなのでやりません。ありゃ電車の標本だろと思っているクチなんで。
自分はこれこれこんなもんを表現したい。しかし技術が追いつかない。もちろん技術を取得するための努力は尊いですし、それを否定するつもりはありませんが、今あるリソースでどうにかならないかを考えるのもまた一興だと思います。

趣味でいっそ苦しむくらいなら、あきらめてしまうのも手だと思うんですね。俺は絵が描けない。だからビジュアルに訴えるような架鉄は作れないと悟り、別の道を考えました。それが「むちゃくちゃな理屈でむちゃくちゃな理論を成立させる車両架鉄」だったわけです。
絵はイメージを読者に伝える最小限のディテールにとどめ、ひたすら文章で押していく。こんなクソ長い文章読んでもらえないよな~という気持ちもよぎりますが、自分のやりたいことはこれなんだから他人に遠慮する必要はないよなと開き直りました。
あの時イラストでの表現をあきらめなければ、イラストを描くことばかりに腐心して架鉄の中身まで思いを馳せられなかったかもしれません。俺の架鉄は基本無茶理論が売りなので、ポリゴン化した今でもディテールは最小限です。細かいところ、表現する必要のない部分は徹底的に省略しています。

何でもかんでもやろうとすれば破綻して途中で投げ出してしまうこともありますが、多くを望まず身の丈にあった架鉄という方向で楽しめば、案外満足のいくものが出来上がるかもしれません。

工場内の画像ですが、どこまでパーツを流用できるか、どこまで省略できるかを考えて描いています。

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます