So-net無料ブログ作成

観察力とはね…… [架鉄ウォッチ]

久しぶりにツボに入った架鉄車両を見たので紹介します。
小野川電鉄の300形。特に中間車の床下がたまりません。この絵を見た瞬間文章を読まなくても「あ、これは中間Tを切り離した2連の運用も想定してるな、ってことが伝わってきました。
イラストに含まれる情報量というのは文章とは比較にならないほど大きいものです。床下機器なんて丸と四角を適当に描いておけばいいじゃん的な架鉄車両(しかもそんなところが車両系架鉄とか名乗ってるともう…ね)が多い中、ちゃんとデザインされた架鉄車両を見ると本当に嬉しくなります。
さらに説明文を読むと、スタイリングに対する理由がちゃんと描かれています。理由があるからこの形になったということが明確に提示されているスタイリングだから、実に美しいし納得がいきます。なるほどこれは70年代の中小私鉄が輝いた最後の時期に登場した電車だな、ということがデザインから伝わってくるわけです。作者の観察力に惚れ惚れしてしまいます。

架鉄の車両を作るときに大事なものは、観察力と分析力です。なぜこのような形になったのかという観察力は、こういう状況ならこういう形になるという分析力をはぐくみます。空想世界だからいい加減でいいや、というのはもちろんありですが、人に何かを伝えようとするとき「ただなんとなく」ってのは伝わらないんですね。
小野川電鉄の300形は、中間車には自車の電源をまかなう装備しかない。固定編成ならエアや補助電源といった機器は比較的スペースに余裕のあるTに乗せるのが「定石」。その定石を破ったからには何か理由がある。それが「閑散期はTを切り離す」なわけです。理由があり、それが形になっていることの素晴らしさがわかってもらえたでしょうか。

もちろん何の考えもなしにそういった絵を(どこからかの写真をまねて)描いたという可能性もあるでしょう。しかしそれは文章が否定しています。イラストの表現と文章が矛盾していない。つまり作者はちゃんと知識として消化した上で形を作っているわけです。
こういう架鉄車両こそ俺は「グッドデザイン」だと思っています。



共通テーマ:趣味・カルチャー

はじめてのかくうてつどう [架空鉄道]

今でこそ106キロでちんたらかっ飛ばしてる枯れた架鉄をやっている俺ですが、はじめて脳内から紙の上(当時はwwwなんて気のきいたものは庶民の手元になかったのだよ)に落とした架鉄は、山中急行電鉄といいました。トミー9ミリゲージの相対式ホームかなんかが「山中駅」だったと思うんですが、それからの命名です。
で、山中急行電鉄の路線ですが

本線:釧路~函館~青森~浦和~桜木町~天王寺
オホーツク線:大通~旭川~網走~稚内
日本海線:浦和~長野~富山~金沢~山中温泉

他にもいろいろありましたが、まあこんな感じでめちゃクソでかい架鉄でした。本線の釧路~天王寺は普通電車が10分ヘッド、その間を最高速度300キロの特急が1時間ごとに走っていました。平均駅間距離は青函トンネル区間を除いて1キロ。言ってみれば延長2,000キロ近い飯田線普通電車みたいなのが10分ごとに走っていたわけです。
まあ正直言ってひどい。どんなに贔屓目に見ても人様に見せられるような架鉄ではありません。しかし、本人はまんざらでもなかったようで、けっこう気に入っていました。少なくとも技術史にわずかな矛盾があるから全部放棄だ! なんてかんしゃくは起こしませんでした。

いや、本当に楽しかったのよ

加賀電も楽しいです。小ざかしい知識を詰め込んだ、どこかいびつな架鉄ではありますけど、本人はまんざらでもないと思っています。MB系のモータがWNドライブをぎゃんぎゃん鳴らして走る架鉄は、小規模ですが気に入っています。
その楽しさにおいて、山中急行電鉄と加賀電鉄は等価なんですね。

web架鉄には箸にも棒にもかからないような架鉄がたくさんあります。個人的なことを言わせてもらえば、鑑賞に耐え得る架鉄車両なんてほとんどありません。だけどそれをもってして架鉄のレベルが下がったなどというつもりもさらさらありません。
その架鉄を楽しんでいる人がいるという事実が大事だと俺は思っています。
……いや、書棚に学生時代(だから20年以上前)のノートがあったのよ。それに架鉄車両の絵が描いてあったんだけど
うっわ
…さすがに展望席こそないものの、システム構成がたぶん加賀電の200形や800形とほぼいっしょ。
うあああああ
……20年の進歩のなさに泣いてもいいですか



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます