So-net無料ブログ作成

585系電車ができあがりました [架空鉄道]

uv.jpg
まったく持って遅々として進まないJRツアーズですが、なんとか585系「ウルトラバイオレット」のスタイリングがまとまりました。485系は優れた電車ですが、直流直巻モータやCS15主抵抗器の部品の枯渇など、これから20年を見据えると置き換えは進めなくてはいけないのです。そこで、485系・487系のの置き換えとして登場したのが585系という設定です。
モータはMT75(出力140キロワット)。4M1C制御のVVVF制御でギア比4.21は485系と変わりませんが、モータの特性がことなるので、2M1T時においてα=3.0(54キロまで)、最高速度130キロに対応します。(速度種別A60)。ボディはアルミのダブルスキン構造で485系よりも軽量な2M1T時で101トンとなっています。
性能についてはおいおい語るとして、今回もっとも悩んだのは外見です。
正直485系のスタイリングは非常に優れており、個人的にはスタイリングを変更する積極的な理由はありませんでした。問題ないところはいじらないというのはチューニングの基本です。とはいえ、普通鋼のボディを作ってくれるメーカーというのも現在は限られているので、軽合金にふさわしいボディということでまとめました。
正面はJR北海道の789系を参考にし、高価なガラス窓などを安価な平面ガラスにするといった変更でまとめています。長距離運転を指向するJRツアーズにおいて、運転台の高さと位置はたいへん重要な要素で、同じように長距離運転の列車が多いJR北海道の車両は大いに参考となりました。

性能面では485系のあらゆる部分を凌駕する585系。これからガンガン485系を585系で置き換えていきたいところですが、なかなかそうは行かないという話を本編でそのうち公開したいと思います。

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます