So-net無料ブログ作成

チョコチョコ修正中 [架空鉄道]

加賀電鉄のコンテンツが一通りそろうと、粗製濫造のほころびがあちこち目立つようになりましたので、その辺のメインテナンスを行っています。
俺は形式にそれほどこだわりがないので、思いつきで適当に形式をつけています。たとえば現行車両を製造年代順に並べるとこうなります。

30形→400形→500形→750形→600形→200形→100形(130型・180型)

とりあえず600形の次が200形になったのは、当時はまだ700形・800形が現役だったため、空きの200番台を使った(2000年製造だからね)としました。その次の100形は「加賀電の新世代車両第1世代」ということで100番代を使ったとこじつけました。まあ現行車両はこれでいいやと。問題は引退した車両です。製造順に並べてみましょう。

10形→50形→70形→90形→800形→300形→30形→700形

…もうめちゃくちゃです。旧型車は二桁番号かと思えば800形とかあるし、100形も200形もないのに新性能車の第1号が300形がったり、譲渡車両がいきなり700番台を与えられたり……どこまで脈絡がないのでしょう。いろいろ考えた挙句こういうことにしました。
 70形は22両製造されたので番号を71~92まで使う。そのため次の形式は93+94と95+96と、93から番号を振ったので90形と命名されたという設定。その後の軽量客車は80番台が空きになっているのがどうも収まりが悪いので、80形100番台という概念で800形となったことにしました。
 700形は山陽電車で使われていた番号をそのまま流用したという設定でいいでしょう。30形は300形の車体に旧型車の走り装置を履いているので、「300形のようで300形にあらず」という洒落で30形となったとでもしておきましょう。

 問題は300形だよ300形。加賀電の歴史に大きな足跡を残した加賀電初の新性能車がなぜ、100でも200でもなく300形なのか。いまだこれといったこじつけを思いつかないでいます。昭和43年製造だから下一桁をとって300形とすれば、昭和47年に投入した700形との整合性も取れるんですが、じゃあ30形はなんなんだよって話になります。いまさら100形に改番するのも面倒(新性能車全部番号付け直しになるし)だしどうすべえって感じです。

名称未設定.jpg

共通テーマ:趣味・カルチャー

400形があいている [架空鉄道]

加賀電のラインナップを見ると、100形、200形、300形、500形、700形、800形…とありますが、400形がありません。忌み番という概念を持たない加賀電で400形が抜けているのも不自然なので、400形を設定したいなと思っています。
基本的に加賀電は中小私鉄にあるまじきハイパワー電車でそろえています。勾配らしい勾配なんて地下線出口の34パーミルくらいしかありません。線形を悪くして車両をいじめることを生きがいにしている俺にしては珍しく、加賀電って線形がよいのですよ。標準軌だし50キログラムNレールだし、本線でいちばんゆるいカーブはR300だし駅間距離は最短が1.1キロだし……恵まれすぎです。
そんなゆるゆり線形の加賀電ですから、車両のほうを極限設計したくなるってもんじゃありませんか。
大馬力モータの1M2T、発電ブレーキ省略の超経済編成。400形の製造当初は地下線の勾配もありませんからこんな編成が成立するわけです。車両も高性能車は特急用の300形だけ。普通電車は70形とかそのへんのがうじゃうじゃいるのでα=2.0、最高速度90キロでも十分高性能という時代なら、155キロワットMB-3110モータ4台の1M2T編成なんてのもぜんぜんありなのです。

歴史的には加賀電の普通電車が1984年に性能を底上げ(α=2.5 最高速度106キロ)されるときに1M2T編成は放棄されてしまうのですが、そこに至る経緯を作るだけでも十分に楽しめるのではないかと思います。
ていうか、いくら線形がいいからって、中小私鉄がα=3.0、β=3.7、最高速度106キロというお金のかかることをするのはどうかと思いますが……。

そうそう、前のエントリで記した最高認可速度121キロへのアップは断念しました。
実際に最高速度をある鉄道事業者の電路保線部署に話を聞いたところ、架線の磨耗がハンパなく、保守費用の増大に見合うだけの利益が確保できそうにないことと、国土交通省へのデータ提出がとても加賀電レベルでは手に負えないことなどから、最高速度106キロのままでできる限りの運転技術で何とかすることにしました。
できない理由を並べるよりもどうやったら実現可能に持っていけるかを考えるのも架鉄の醍醐味ですが、制限を設けてその範囲内でベストを尽くすのも面白いものです。

なわけで、当面加賀電の最高速度は106キロとしておきます。

共通テーマ:趣味・カルチャー

クロスオーバーの可能性 [架空鉄道]

俺は基本的に他人と共同で架鉄を作ったり、相互乗り入れをすることはしません(カププラ架鉄を除く)。しかし、よその架鉄で許可がもらえればやってみたいことがあります。

それは、クロスオーバー

よその架鉄をいったん加賀電の世界に引き込んで、加賀電の視点でその架鉄を語るという遊びです。かつて俺がモナ電という架鉄をやっていたとき、モナ電の工場からの視点で北武急行電鉄の車両を語ったことがありますがそんな遊びです。
俺が他人の架鉄を見るときは、まず自分の立ち位置を決めて観察します。俺は車両にしか興味がありませんので、車両を見るわけですが、そのときの視点はサマンサの視点ではなく、俺の架鉄……今なら加賀電鉄白山工場の工員としての支店で観察するわけです。
別にスペックなんか書いていなくてもかまいません。情報の断片から想像するわけですから、必ずしも作者の意図に沿った解釈をする必要はないわけです。断片も集まれば輪郭になります。

個人的にはこのクロスオーバー、たとえば加賀電を他の架鉄の解釈で見てみたかったりもするのですが、なかなか難しい。ひとつはやはり他人の架鉄ですから相手に許可を求める必要があること。まあそれはなんとでもなりますが、もうひとつの問題は「時に相手のお気に入りをけなす結果になる」ということです。
俺個人は、架鉄車両のすべてが傑作だとは思っていません。営業製作や時代の流れによって、運用にそぐわない車両やオーバースペックの車両などがでてくるのは当然だと思っています。それは理由があっての不具合なのだから架鉄の表現としてなんら問題はないと俺は考えています。
しかしそれはあくまでも俺の考えであって、それを「けなされている」と考える人がいても不思議ではありません。つまり「他人の解釈に対し寛容でいられる管理人」の架鉄でないととてもできないんですよクロスオーバーって。

いろいろネタを考えてはいるんですけどね……こればかりは相手次第なんだな。



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます